「さば缶」のカロリーは「高いの?低いの?」どっちを選ぶべき?「カロリーに幅がある理由」栄養価が高い「さば缶」に見分け方

最近の健康ブームと共に注目を集めている「さば缶

「さば缶」と言っても、「味噌煮・水煮」などいろいろな種類のサバ缶が販売されています。

同じさばを使った缶詰でも、種類によって「カロリー・糖質」が高いものもあります。

 

缶詰によってカロリー表示が「200~469kcal」とかなり幅広いカロリー表示

「一体このさば缶のカロリーっていくつなの??」と疑問に感じた経験はありませんか?

「美容・健康」の為にさば缶を食べようと思っている方は、カロリー・栄養成分を確認し、より効率よく「さば缶」パワーをとることをおすすめします。

今日は同じさば缶でも「カロリーが違う理由」と「最も栄養豊富なさば缶」を紹介します。

さば缶の種類別「カロリー」とは?

さば缶 カロリー高い

さば缶種類別カロリー <一例での表示となります>

 

・さば水煮缶      180Kcal程度

 

・さばの煮付け     160~250Kcal程度

 

・さば味噌煮缶     210~240Kcal程度

 

・オリーブオイル漬け  180~240Kcal程度

さば缶は製造での調味料・調理法で変わっていきます

味噌煮」は味付けがされている分「塩分・糖分・脂質・カロリー」と全体的に高くなります

サバ缶の味噌煮の「糖質6g」前後と、水煮に比べ3倍の糖質が含まれいるので、食べ過ぎにはきをつけましょう。

さば缶のカロリーは「煮汁」も含まれる?

「さば水煮缶の容量

これは、固形物だけ?煮汁も含んでいるのでしょうか

溶けでた煮汁には「さばの脂」を含まれてカロリーは高いのでしょうか

栄養表示を見ても、わかりずらいと思った事はありませんか??

さば缶に「内容量」と「固形量」が記載されてませんか?

 

・「内容量」は「さばの身と液汁」を合わせた量

 

・「固形量」は「さばの身だけ」の量

カロリーの見方 サバ缶

<カロリー正しい計算の仕方>

<固形量100g・内容量150g>と記載された 1缶の総カロリーは??

 

栄養成分表示(100g)辺り 128kcal 

 

内容量は↓

 

50g(水分・塩分・栄養素)

100g「さばの身」

 

カロリー計算では「煮汁+さばの身」を合わせる

 

150gでの計算が正しいので 128×150=192kcal

<煮汁は捨てる?飲む?>

煮汁には「さばの油・調理の塩分」などが溶け出ているので、「塩分脂質」も含まれカロリーもあります。

しかし、この煮汁に「DHA・EPA」が豊富に含まれているんです!!

 

実は「ダイエット効果」がたくさん含まれた煮汁。捨てるのは勿体無いんです。

是非「煮汁ごと」食べることをおすすめします。

さば缶のカロリー表示の差がある理由とは?

さば缶 DHA EPAが豊富

さば缶の「カロリー・栄養」は商品によって大幅に異なってきます。

<栄養成分が違う理由>

 

収穫時期によって「さば」のカロリーが違う

 

・製造での調理法調味料が違う

収穫時期によって「さば」のカロリーが違う≫

ののった「さば」を使って作った「さば缶」は、カロリー・脂質など全体的に高くなります。

収穫時期によって「さば」じたいの油の量が異なる為、栄養成分も変わってきます。

脂質1g=9kcal>なので、カロリー計算すると、どうしてもばらつきがでてしまうんです。

 

≪製造での調理法調味料が違う≫

また「味噌煮」は味付けがされている分「塩分・糖分・脂質・カロリー」と全体的に高くなります。サバ缶の味噌煮の「糖質6g」前後と、水煮に比べ約3倍の糖質が含まれいるので、食べ過ぎにはきをつけましょう。

糖質制限中・ダイエット中のさば缶を食べる際は、栄養成分表示を確認すると良いでしょう。

最も栄養豊富な「さば缶」とは??

同じ「さば」でも、季節によって 「DHA ・ EPA 」の含有量は違うんです!

秋~冬に収穫される「さば」

寒さに耐えるために脂肪を多く蓄えているため、より多くの「 DHA EPA」 が含まれ、より栄養価が高い「さば」なんです!

そんな栄養豊富な「さば缶」を見分けるのは難しいですよね?

実は、缶詰にしっかり「水揚げ時期」は記載されているんです

それが「賞味期限

賞味期限は「水揚げされた時期」と同じなんです!

つまり賞味期限が「11月~2月」のものが1番栄養豊富な「さば」という事がわかります。

栄養豊富=良質な脂質がたくさん含まれていますつまり「カロリー・脂質」も高くなります。

缶詰によって「200~469kcal」などと記載してあるのは、「カロリーが高い数値になるので、カロリーを気にしている方は、よく確認する事をおすすめします。

「EPA」を摂取するのは「味噌煮」がおすすめ!

塩分糖分」を考えると控えるべきなのでしょうか??「さばの味噌煮缶

そんな事はありません!

「水煮缶」にはない栄養パワーが「味噌煮缶」にはあるんです!

さば缶に含まれる「 EPA 」には「中性脂肪を低下・血液サラサラ作用

さらに新陳代謝を高めて「ダイエット効果」が期待できる栄養素

DHA ・ EPA 」は酸化しやすく壊れやすいのですが、

味噌に含まれる「イソフラボン」が「酸化を防ぐ効果」があるんです。

 

つまり「水煮缶」より多く「DHA・EPA」を摂取する事ができます。

「さば缶」が最も美味しい時期とは??

「さば缶」は、獲れたてのさばを缶に「密封・高温殺菌・調理」したもの

およそ3年間の賞味期限とされています

さらに、長期間保存する事で「肉質・味」がよく馴染こみ、熟成され美味しくなるといわれてます。
味が落ちないということではなく、とても美味しくなるのだそうです。

<最も美味しいさば缶とは>

 

11月~2月」と記載された「賞味期限ギリギリ」のもの

しかし、店頭では「賞味期限」が近い商品は破棄されてしまい見つけるのは難しいです。

自分で買って、自宅で保管し熟成する事をおすすめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です