発酵バターとバターの違いとは?ダイエット効果が高い「発酵バター」の秘密とは?

「バターは太らない」

ここ数年で「バター」の栄養効果がダイエットに効果があると注目されてきました。

バターにも種類があり、その中でまだ馴染みの少ない「発酵バター」

今日は「発酵バター」のダイエット効果について紹介します

「発酵バター」とバターの違いとは?

「発酵バター」の2つの製法

 

乳酸菌を生クリームに添加して発酵させる

 

・バターに直接乳酸菌を練りこんで発酵させる

バターはクリームをかき混ぜて作られる「バター」

発酵バター」はその原料となるクリームを乳酸菌によって半日以上

「一定の温度・時間」で乳酸菌で発酵させて作られます。

この発酵という一手間を加える事で「香り・コクが深まる・特有の風味が増す」

また「乳酸菌の種類・発酵環境」で味や風味に変化がでるのも特徴

発酵バターと普通のバターとの違いは?

非発酵バター>

 

発酵していないクリームから作られる

*「柔らかな風味・味が安定している」と保存期間が長いのが特徴。

一般家庭で使用するのは、この「非発酵バター」が多い

つまり発酵バターとの違いは「製法・香り・濃く・保存期間」

原料は同じなんです。

無塩バター>  製造の際、食塩を加えない

お菓子作りにおすすめ

 

加塩バター> 食塩を加える(通常1.5%程度の塩が含まれる)

塩気が強くお菓子作りには向かない。トーストにのせる・料理の味付けとしておすすめ

バターのダイエット効果は凄い!!

・肌などの新陳代謝を促進し「シミ・シワ」などを予防し「美肌効果

 

ビタミンDも原料の牛乳に含まれるカルシウムの吸収率を上げ

骨を強くし「糖尿病・免疫力」アップ効果

 

乳酸菌が脂肪の元である脂質の吸収を抑制し、脂肪酸を分解することで「内臓脂肪」の減少

 

飽和脂肪酸が「悪玉コレステロールを下げて、中性脂肪減らす」効果

 

発酵バターのここが凄い!

発酵バターは「消化吸収率」が早い!

<乳酸菌+発酵>

 

発酵バターのダイエット効果のポイントは製造工程と材料

乳酸菌」と発酵させること」

この効果はヨーグルトに近い健康効果も期待できるんです。

「腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす。」

腸内環境を整えるはたらきがあるとされているのです

<ビタミン類>

 

特に豊富に含まれる「ビタミンA・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンD」

肌の健康を維持      ビタミンA

動脈硬化予防       ビタミンD
抗酸化作用の強い     ビタミンE

カルシウムの吸収率アップ ビタミンD

脂溶性ビタミンでもある「ビタミンA・ビタミンD」は

 

バターの脂肪分と摂取することで体内に吸収されやすくなります

おすすめの発酵バターは?

≪グラスフェトバター≫

原材料として使われる乳を出す牛は牧草だけで育てられる

中性脂肪の排出・減量

コレステロールの排出・減量

血液を固まりにくくして心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ作用

発酵バターの食べ方と注意点とは?

発酵バターは一般的なバターと比べると鮮度が落ちるのが早いので

開封したら早く使い切るようにしましょう。

POINT

バターはかして食べることで、身体への吸収率は良くなります。

運動後などに取り入れると、さらに乳製品の吸収は効果的なのでおすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です