フレッシュネスバーガー「低糖質オフバンズ」のカロリーや糖質とダイエット中おすすめのバーガーを紹介

ダイエット中だけど、無性に食なるハンバーガー

けど「カロリーや糖質高そう。太りそう。」と我慢していませんか?

そんな時におすすめなのがハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」

フレッシュネスには「低糖質バンズ」というバンズがあり、+60円で選ぶことができるんです。

今日は「低糖質バンズ」の気になるカロリーや糖質と、ダイエット中におすすめのバーガーをご紹介したいと思います。

全国的に店舗数は少ないので、近くにない方もいると思いますが、街で見かけた日のランチに是非ご賞味ください。

フレッシュネスバーガー「低糖質バンズ」とは??

フレッシュネスでは、すべてのバーガーのバンズをプラス60で「低糖質バンズ」へ変更可能なんです。

通常のゴマバンズと比較して、糖質を約45%off

低糖質バンズは、小麦の一部を食物繊維に置き換えることで味を損なわずに糖質をカットする事で

通常の小麦粉より栄養価が高く「食物繊維ビタミンB1鉄分」などが豊富な「全粒粉」を使用し

焼いた時の香ばしい香りと味を堪能する事ができます。

「低糖質バンズ」と他のバンズのカロリーや糖質はどれくらい??

 パンプキンバンズ
カロリー:142kcal
たんぱく質:4g
脂質:3.1g
炭水化物:23.6g(食物繊維1g、糖質22.6g)

 

ゴマバンズ
カロリー:162kcal
たんぱく質:5.4g
脂質:2.5g
炭水化物:27.9g(食物繊維1.2g、糖質26.7g)

 

低糖質バンズ
カロリー:118kcal
たんぱく質:4.7g
脂質:2.5g
炭水化物:24.5g(食物繊維9.7g、糖質14.8g)

ダイエット中におすすめのバーガーは??

クラッシックアボカドバーガー

 

フレッシュネスバーガーの人気商品の1つ「フレッシュネスアボカドバーガー」

低糖質バンズに変更するのがおすすめ

中身は、美容効果が期待されるビタミンEを含むアボカドをどっさり1/2個も使用し

フレッシュネスバーガーのクオーターパウンドパティ(115g)は、味付けも塩コショウのみなので

肉本来の旨味・甘みを青味わう事ができるだけでなく、牛肉に含まれる「ビタミンB群・鉄分・パントテン酸」など

栄養が豊富に含まれています。

ジャンクフードではなくしっかりとタンパク質を摂取する事ができ、美容と健康にも嬉しい効果が期待する事ができます。

さらに、低糖質バンズに変更するとカロリー-46kcal ・糖質-12.9g・食物繊維+10g!!

栄養成分              エネルギー タンパク質  脂質  糖質  食物繊維

クラッシックアボカドバーガー                658kcal          21,3g      45.1g     34.5g       4.5g

(低糖質バンズ使用)                                   612kcal           20.8g         45g     21.6g     14.2g

食べた感想は??

見た目本当にボリューミーですが、レタスとオニオンもたっぷり入っていて重たくなく

味付けが本当にシンプルなのであっという間に食べてしまいました。

店内には、「ケチャップ・マスタード」がありトッピングする事ができます。

特にマスタードが相性が抜群でおすすめでした。

カロリーはと高めですが、ハンバーガー1個でバランスよく栄養も摂れ満足できるので

ダイエット中の方にもおすすめです。

フレッシュネス人気ナンバー1の「クラッシックチーズバーガー」も

濃厚なチェダーチーズを使用しているので、塩味とコクがほしい方にはおすすめです。

チェダーチーズでタンパク質もさらに摂る事ができ、男性にも好まれるかもしれません。

フレッシュネスバーガーのカロリーはどれくらい??

BURGERカロリー           kcal       タンパク質  脂質   糖質 食物繊維

 

フレッシュネスバーガー                        385kcal         14.3g    20.6g    31.6g      1.8g  

(低糖質バンズ変更)                              361kcal            15g       20g    23.8g    10.5g

 

フレッシュネスチーズバーガー             442kcal         17.5g        25g    32.6g      1.8g

(低糖質バンズ変更)           418kcal         18.2g     24.4g    24.8g    10.5g

 

クラッシックバーガー(シングル)     532kcal         19.7g        32g     35.3g     1.8g

(低糖質バンズ変更)           486kcal         19.3g        32g     21.8g   10.7g

 

クラッシックチーズバーガー(シングル)  643kcal         25.8g       40.7g   35.6g     1.8g

(低糖質バンズ変更)                                  597kcal          25.4g      40.6g   22,3g    10.7g

 

クラッシックアボカドバーガー                658kcal         21,3g      45.1g    34.5g     4.5g

(低糖質バンズ使用)                                  612kcal          20.8g         45g    21.6g   14.2g

 

ホットドック                                            342kcal         11.4g      20.6g       27g     0.7g

 

THE GOOD BURGER(テリヤキ)             272kcal         10.2g        14g     21.6g    9.8g

 

THEGOODBURGER(アボカド)              433kcal          12.6g      30.6g     21.2g   13.7g

 

フライドポテトR                                     216kcal           2.1g       12.9g      22.9g   2.2g

 

オニオンリングR                                     193kcal           2.5g         7.4g      29.1g      0g

*今回はフレッシュネスバーガーの人気商品の一部のカロリーなど栄養成分をご紹介します。

低糖質バンズに変更との違いを是非チェックしてみてください。

必見!大豆パティを使用した「THE GOOD BURGER」とは?

フレッシュネスバーガー公式ページ引用

「THE GOOD BURGER」とは

 

『THE GOOD BURGER』は、ココナッツオイルをしようした100%植物性由来の大豆パティ

糖質約45%カット※低糖質バンズ使用、世界的な牛肉消費量増加に伴い温暖化や森林伐採等の環境汚染が問題視される中

欧米や欧州ではフェイクミート(代替肉)の使用が広まり、深刻化する環境保善の取り組みでもありながら

健康的であり、更においしさにもこだわった“GOOD”なハンバーガー

大豆パティとは??

発芽大豆由来の植物肉を開発・製造するスタートアップであるDAIZ株式会社の植物肉

ミラクルミート」をパティの原料として使用

ミラクルパティは、原料に丸大豆を使用しオレイン酸リッチ大豆を使用するため

食べた時に、大豆特有の臭みを感じることなくお肉のようなジューシーさを堪能する事ができます。

1度たべてみたいですよね

「テリヤキ」と「アボカド」の2種類が楽しめる!

フレッシュネスバーガー公式ページ引用

「テリヤキ」と「アボカド」

2020年11月18日より発売されたシリーズ第2弾「THE GOOD BURGER アドカド」

2020年9月1日に、醤油麹をベースとしコクと奥行きのある味わいの「テリヤキ」が発売され、大好評に続き今回は「アボカド」

ココナッツオイルが含まれる大豆パティと、美容効果が期待されるビタミンEを含むアボカドをどっさり1/2個も使用し

スライスオニオンとグリーンカール、ごろっとたまごのタルタルソースを合わせた

食べて綺麗になれる、満足感のあるハンバーガーを現在はこの2種類を楽しむ事ができ

こちらも是非是非おすすめの一品です。

商品名 :THE GOOD BURGER(アボカド)
価格  :550円(税込)

 

商品名 :THE GOOD BURGER(ザ・グッドバーガー)
価格  :480円(税込)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です