糖質制限の強い味方!?おからパウダーがダイエット効果があると言われる理由とその方法

2018年では日本テレビ「得する人 損する人」や2019年NHK「あさいち」でも特集され

「おからパウダーダイエット法」が紹介されていますが

そもそも「おからパウダー」ってどんな効果があるか知っていますか?

私は8年前くらいに「おから」を食べ始めました。

体質改善もでき、今では小麦粉の代用にしたり

定期的にネットで「おからパウダー」を購入し愛用しています。

今日は「おからパウダー」の栄養素とダイエット効果、手軽に使える方法を紹介します。

おからの基本

 

大豆

 

きほん①「おから」と「おからパウダー」の違い

大豆から作られる「おから

「豆乳や豆腐」を作り際の大豆の搾りカスの事

大豆たんぱく、食物繊維、カルシウム、大豆ソフラボンなど「天然のサプリメント」と言われるほど栄養成分を豊富に含みます。

ダイエットに良い理由は「栄養満点なおからは、痩せホルモンを増やし腸内環境をととのえてくれる

「生のおからは日持ちがしないので使いきるのが大変」

「パサパサして、食べにくい」と感じる事も...

その悩みを解消したのが、生のおからを乾燥させ粉末状「おからパウダー

作る際に水分を飛ばす事で、栄養が濃縮される為カロリーは「おからパウダー」が高くなっています。

パウダーにする事で栄養価は上がり日持ちもし手軽に使えます。

カロリー(100g )

◎生おから         111kcal

◎おからパウダー   350kcal

おからの栄養と美人効果

おからの栄養①食物繊維

おからに含まれる「不溶性食物繊維」は胃や腸で水分を吸って膨らみ

満腹感を感じやすくなり食べ過ぎ防止効果

腸の蠕動運動を高め、便秘解消と腸内環境を整えてくれます。

「おからパウダー」は生のおからより約倍!

豆乳は約22倍も食物繊維が豊富に含まれているんです

おからの栄養②大豆たんぱく

大豆たんぱくには「血中コレステロール」の低下作用があり

「肥満の改善・高血圧・糖尿病」などの生活習慣病の予防

更に「BCAA」といわれる必須アミノ酸である「バリン,ロイシン,イソロイシンを含む)」

運動時に摂ると筋肉に蓄えられていたBCAAを使う事なく「

体内の脂肪糖質の燃焼効果」が期待できます。

おからの栄養③大豆イソフラボン

女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれます。

女性ホルモンの代わりにバランスを整え

「更年期障害の改善・骨粗鬆症・のぼせ・ほてりの改善効果」

PMS(月経前症候群)は月経がある女性の80~90%に起こるといわれています。

イソフラボンの摂取により「頭痛不安感」などの改善されます。

しかし注意点

 

エストロゲンは女性には必要不可欠なホルモンですが、

乳房にできたガン細胞が増える事を促してしまうという一面があるのです。

更年期の症状を緩和する事は「乳癌のリスクを高める可能性がある」として避けられる場合があります。

おから栄養④Bコングリシニン

大豆たんぱく質「Bコングリシニン」が痩せホルモンといわれるアディポネクチン」の分泌を増やす作用があると言われています。

アディポネクチンが活発になると、運動しなくても同じ働きをしてくれて脂肪燃焼効果があるんです。

腸内環境

おからパウダーの食べ方

よーぐると

食べ方①スプーン一杯。そのままかける

ティースプーン1杯のおからパウダーを、お好みの料理にかける。

より効果を上げるには食前にヨーグルトか飲み物にかけることをおススメ

<ヨーグルト,豚のしょうが焼き、野菜炒め、コーヒー、ココアなど>

食べ方②小麦粉の代用

おからパウダーは4倍の水を混ぜると生のおからの状態に戻ります

料理のかさ増しとして使う事で糖質やカロリーを抑える事もできます。

◎おから100g ⇒ おからパウダー20g+水80cc

おからケーキ グルテンフリー

 

簡単レシピ バナナケーキ

 

材料

・おからパウダー 20g+水80cc

・バナナー    1本

・卵       1個

・ハチミツ    大1

・ベーキングパウダー  少々

 

①ボールでバナナをフォークで簡単に崩します。

②他の材料を全部入れしっかり混ぜます

②180℃で余熱し35分焼きます。

③竹串を刺し、生地が付いてこなければ完成!(様子を見て焼き時間を延ばしたください)

 

ケーキ総カロリー 約320kcal(1/4個 80kcal

 

 

作り方

おからの注意点

①適量を食べる

おからは腹持ちがよく様々な料理に代用でき、ダイエット中は食べ過ぎてしまう事も。

おからに含まれる不溶性食物繊維は食べ過ぎると「便秘」の原因に

あくまでも代用としてバランス良く食べましょう。

一緒にを飲む事。海藻類を食べることもおススメ

 

◎1日摂取量 50g

②大豆アレルギー

ダイエットだけじゃなく、子供に手軽に豊富な栄養素を食べさせてあげれるので凄く便利なのですが

アレルギー検査をしてない場合は注意して使用してください。

また妊娠中もイソフラボンには、女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用をする為、

女性ホルモンに影響を与える可能性があります。

主治医の方と相談し使用してください。

おからパウダー自体には味はありませんが、商品によっては大豆本来の香りがするものもありました。

お店やネットで様々な商品があり、いくつか試しましたが1番使いやすかったのは

微粒粉 おからパウダー」でした。

以前は「ユーテック」さんのおからパウダーを定期的に購入していましたが、

おからブームで生産が追いつかなかったのか販売しなくなってしまいました。

現在は[NICHGA オンラインショップ」で購入しています。

しっとり滑らかな食感で美味しく食べる事ができ値段も低めなのでおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です