チョコレートは太らない?おやつを食べても太らない時間がある!太らないチョコレートと食べるタイミングとは?

「太る」イメージの強い「チョコレート」

しかし「チョコレート」自体は太りません!

食べる事でダイエット効果がたくさん含まれている「ダイエット食材」

「チョコレートを食べると太った」のは「太るチョコレート選んだから」なんです。

さらに「おやつを食べても太らない時間」に食べる事がポイント

今日は「太らないチョコレオと」と「食べても太らないタイミングと時間」を紹介します。

チョコレートは太る??

チョコ 砂糖 太る原因

チョコレート=太りません

チョコレートの原材料である「カカオ」には様々なダイエット効果が含まれています。

「チョコレートを食べて太った」のはチョコレートに含まれる「大量の砂糖」が原因

身近に市販されているチョコレートは、材料の中でも最も多く使用されている「砂糖

さらに苦味を抑えるために油脂・ミルク」も加えられています。

これは原材料を見るとわかりやすく

原材料」は多く使用している順に記載され、身近なお店で販売されている板チョコなどは、

1番初めに「砂糖」が記載されています。

カカオ ポリフェノール

カカオより砂糖が多い」

 

砂糖=血糖値の上昇しやすい食材

これが「チョコレートが太る理由」なんです。

太らないチョコレートとは?

 

チョコレートは多く「脂質」が含まれています

ダイエットには嬉しい良質な「脂質」

食べても脂肪として溜まりにくい「脂肪酸

苦味は強いですが「カカオ70%以上」のものがおすすめ

チョコレートのダイエット効果とは?

カカオ リグニン

≪カカオ豆に含まれる主な成分≫

 

・カカオポリフェノール
・テオブロミン
・ブドウ糖
・食物繊維
・ビタミン
・ミネラル類
・タンパク質
・アミノ酸
・脂質
・炭水化物
・糖分

 

ポリフェノールには「血管を丈夫にし、血流を促進する働き」があり

チョコレートには、赤ワインよりも豊富なポリフェノールが含まれている

リグニン」という食物繊維は、腸の蠕動運動を活発にし

便秘改善腸内環境を整えてくれる効果

ポリフェノール むくみ改善

カカオポリフェノール」の働きによって「血流が促進」され全身の血流が良くなり

むくみ改善・冷え性予防」効果が期待できます。

血液中コレステロール値を下げる作用もある「カカオポリフェノール

コレステロール値が下がり「血液」がサラサラになり、脂肪を燃焼させるための酸素が十分に運ばれ

基礎代謝アップの効果も期待できます。

太らない「食べるタイミング」とは?

カカオ 血糖値の上昇ふぐ

チョコに含まれる「カカオポリフェノール」には、
血糖値の上昇を抑えてくれる効果」

 

食事の20分前」がおすすめ

「血糖値」の上昇が緩やかになる事で

・食べすぎ防止効果

・食事で摂った「糖質・脂質」を脂肪として溜めにくくする効果

最も「太らない時間」がある!その時間とは?

BMAL-1

≪1日で最も脂肪にならない時間≫

 

「午後3時のおやつ」がおすすめ

理由①「BMAL-1

ビーマルワン(BMAL1)という「タンパク質」は、脂肪細胞に脂肪をため込む働きをします。
これが時間帯によって分泌量が変わり、最も少ないのが「午後3時」なんです。

ちなみに「最も脂肪になりやすい時間」

 

「夜22時~夜中の時」

「遅めの夕食・夜食が太る理由」でもあったんです。

理由② 体温の上昇

人は「15~18時」の間が1日の中で一番体温が高くなる時間帯
カロリーの消費が多く「代謝」の良い時間帯だと言えます。

消費カロリーが多い=「太らない時間」

1日 50g を目安に食べる

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です