「砂糖」が太るのは甘いから?砂糖が太りやすい本当の理由と砂糖を摂り過ぎると「カラダの変化」とは?

砂糖=甘いから太る

そんなイメージを持つ方が多いと思いますが

「砂糖」が太る理由は「甘さ」ではないんです

今日は「砂糖が太りやすい理由」と砂糖の過剰摂取で起きる「体の変化」について紹介します

砂糖の基本

砂糖」は「ご飯・パン・パスタ」などの穀物こくもつと同じ炭水化物糖質

1g約4kcalなので他の炭水化物と同じ

砂糖の種類とカロリーどれくらい?

<上白糖> 384kcal

 

「さとうきび・てんさい」から糖分だけ取り出し結晶化させ、日本で最も使われている砂糖

「料理やお菓子・飲みもの」などの食品に合います。

グラニュー糖よりも「甘みが強く、しっとりとしている」のが特徴

<グラニュー糖> 387kcal

 

「さとうきび・てんさい」から糖分だけを取り出し結晶化させ、クセのない淡白な甘さが特徴

サラサラした純度の高い砂糖

<黒砂糖> 356kcal
「さとうきび」の汁から不純物を取り除き、煮詰めて結晶にしたも
独特の「甘み・コク」があり黒蜜として和菓子に使用することが多い
白砂糖では除かれてしまう「糖蜜」が残るため
カリウム・ビオチン」などのビタミンミネラルが豊富に含まれてる

<角砂糖> 387kcal

 

グラニュー糖に糖液を加えて、成形機でプレスし温風で乾燥させたもの

グラニュー糖が原料で作られ、ホットドリンクの甘みを出すときに使用される

 

<中ザラ糖> 387kcal

 

「さとうきび・てんさい」から糖分だけを取り出して結晶化し、カラメル色素などを加えた砂糖

銅・鉄・ナトリウム」ガ豊富に含まれているため

料理に使うと「濃く・ツヤが増し綺麗に仕上がる」ため、しょうゆを使った肉料理がおすすめ

ご飯と砂糖のカロリーと糖質の違いは??

ごはん1杯(150g)252kcal

白砂糖  (150g)576kcal

ホットドリンク(角砂糖2個) 約32kcal

比べてみると同じ量のカロリーでは「砂糖」の方が高いですが

1度に使用する量で考えると「砂糖のカロリーは高くない」ことがわかります。

しかし、ごはんと砂糖では「体内で吸収されるスピード」が違います

ごはんは多糖類(でんぷん)で構成されている為、吸収されるまでに時間がかかります。

しかし砂糖(二糖類)は、分解にかかる時間が短く「比較的吸収が早い

つまり脂肪になりやすい」糖質なんです。

砂糖が太りやすい理由とは?

砂糖(糖質)は「血糖値を最も上昇させる」栄養素

つまり摂り過ぎた糖質は体内で「脂肪として溜め込まれやすい

 

これが「砂糖」が太りやすい原因なんです。

しかし「糖質」はカラダを動かす・脂肪を燃焼する事でも使われる大切な栄養素でもあります

糖質が太るからと全く摂らないのも逆効果なので注意が必要!

「食事からとるエネルギー」よりも「生活で使うエネルギー」が少ないのが「太る理由」

POINT

摂取するエネルギー」と「動くエネルギー」のバランスを調節する事で

太りにくく痩せやすいカラダ」を維持することができます。

「砂糖の過剰摂取に注意!

味覚を感じる舌の表面「味蕾(みらい)」が、に対して耐性を持ち「より多くの砂糖が必要」と感じ「砂糖依存症」になる可能性も

糖質の過剰摂取は「血糖値を急激に上げ「インスリン」を分泌し、体が危険を感じ血糖値を急降下させる働きをする事で

嘘の食欲・心のバランスも崩す原因」を起こしてしまいます。

ホルモンにさまざまな影響を及ぼし「にきび・シミ・乾燥」など皮膚の炎症が誘発する可能性

おすすめの「砂糖」は??

おすすめは「黒砂糖

<カリウム>100g(1,100mg)

余分な塩分(ナトリウム)を体外に排出する働きがあり「むくみ改善」効果も期待できます

最も多く含む栄養素

<カルシウム>(100g(240mg)

骨や歯を作るために必要な栄養素

上白糖100g(1mg)と黒砂糖には豊富に含まれている

<フェニルグルコシド>

の吸収を抑えて「血糖値」が急上昇するのを防ぐ効果・コレステロールを正常に保つ働きがある

<鉄分>100g(4.7mg)

赤血球中の「ヘモグロビン」を構成し「貧血予防」にも効果的な栄養素100g(4.7mg)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です