生クリームの効果とは??「食べて痩せる生クリーム」の栄養効果をまとめ

カロリーが高くて、食べたら太る」

「生クリーム」は食べない方が良いと思う人が多いと思います。

実は生クリームには「食べたら痩せる」栄養素がたくさん含まれているんです!

しかし「今まで通り食べていては太ります!」

「食べる時の注意点」もあります。

今日は生クリームの「食べて痩せる」栄養と効果と注意点について紹介します。

「脂質」は消費しやすい

イメージ通り生クリームは「脂質」は成分全体の「約45%」と豊富に含まれますが

脂質が高い=脂肪になる」 訳ではありません。

脂質は「炭水化物・タンパク質」より、効率よくエネルギーを生み出す成分

つまり「消費されやすい」んです!

また「ホルモン・細胞膜」の材料となり「脂溶性ビタミン」の吸収率を上げる働きもあります。

脂質は「太る」イメージがありますが、実は「消費されやすく、代謝を高める」栄養素なんです。

「エネルギー代謝」を高める「ビタミンB群」

生クリームに豊富に含まれる、代謝ビタミンと呼ばれる「ビタミンB群

食べた「糖質・たんぱく質・脂質」をエネルギーとして効率よく変える働きがあり

代謝」が高める事ができ「脂肪」を溜め込みにくくなります

さらにビタミンB1には「疲労回復効果」もありトレーニング中などにも効果的

血流改善効果「ビタミンE」

アボカドにも豊富に含まれる「ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が非常に強く「老化」の原因である酸化を防ぐ効果

さらに血管の健康を保ち「血流」の流れを良くする働きもあり

冷え症の予防・荒れ改善・むくみ改善」など体内の不調を整えてくれ

アンチエイジング効果も期待できる「良質な脂質」なんです。

美肌効果「ビタミンA」

生クリームで最も多く含まれる栄養成分「ビタミンA

「トマトの約8」含まれているんです!

このビタミンAは「皮膚・粘膜」を作る材料になる成分

「シワ・シミ」などを防ぎ「美肌効果」

また抗酸化作用もあり「免疫力を高め、免疫機能を活性化させる作用があり「風邪やインフルエンザ」予防にも効果が期待できます。

生クリームの種類とカロリー

生クリームは大きく分けて「2種類」

動物性生クリーム>

 

「特選北海道純生クリーム47」」(200ml)884kcal

 

「生乳、牛乳」から乳脂肪分以外の成分を除去し「乳脂肪分が18.0%以上にしたもの」

生クリームのカロリーは「乳脂肪分」によって異なります。

<植物性生クリーム>

 

「ホイップ 植物性脂肪」(200ml)780kcal

 

植物性クリームは「植物油脂添加物」などの混合物が含まれ「生クリーム」とは呼べません。

お店などでは「ホイップ・フレッシュ」と記載してあるんです。

生クリームの注意点!とは?

生クリームは「高カロリー高脂質」でありながら「食べて痩せる」事ができる嬉しい食材

しかし今まで通り「生クリーム」のケーキやパンケーキなどを食べては太ります

「生クリーム」を泡立ててつくる「ホイップクリーム」

スイーツでは定番の食材。

しかしお店などで食べる「生クリーム」には「大量の砂糖」が入っています。

生クリームは濃厚ではありますが、甘みはほとんどありません。

お店や市販のスイーツなど食べては「糖質」の摂り過ぎになってしまう可能性も

さらにケーキなどのスポンジにも「小麦粉・砂糖・バター」が含まれているので注意が必要。

生クリームを取り入れる際は、スーパーなどで購入し「自分で作るのがおすすめ」

「生リーム」の効果のまとめ

低糖質血糖値が上がりにくい

 

・エネルギー「代謝」を上げる

 

・「脂肪」を溜め込みにくくする

 

血流改善効果

 

美肌効果

 

ビタミンの吸収率を上げる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です