「血管めし」の効果とは?「さば缶ダイエット」を成功させる3つのポイントと3つダイエット効果とは?

手軽に買え調理も簡単な「さば缶」

さば缶には様々な健康・美容効果がありダイエット中の食事に取り入れたい食材

今日は、そんな「さば缶ダイエット」を成功させる5つのポイントとダイエット効果を紹介します。

「さば缶ダイエット」が効果がある理由とは?

さば缶 DHA

「カロリーは高い・脂質が多い」と本当にダイエット効果がある??

さば」に限らず青魚(さんま・イワシ・アジ)には、EPA(エイコサペンタエン酸)という、

体内では作ることのできない栄養素「必須脂肪酸」が豊富に含まれています。

 

この良質な脂質こそダイエットを成功させる重要な栄養素」なんです。

しかし、どうして「生」のさばでなく「さば缶が効果があるといわれるのでしょうか?

缶詰は「塩分も多そうで非常食」のイメージ

重要な栄養素「EPA」は熱に弱く、加熱すると「酸化してしまうんです

つまり「生」のさばを自宅で調理すると「EPA」は減ってしまいます。

その悩みを解消するのが「さば缶

 

「生」のさばを密封調理するため「EPA」を損なうことなく

「いつでも手軽に食べることができる

5つのダイエット効果とは??

やせホルモン GLP-1 

①「やせホルモン」GLP-1の分泌

<GLP-1の効果

 

・食欲を自然に抑制する

脂肪燃焼・脂肪肝減少

中性脂肪がつきにくくなる

・糖尿病予防

むくみ改善効果

さばに含まれる「EPA」には、「GLP-1」の分泌を促す効果があります。

このGLP-1が分泌される事で「太りにくく 痩せやすいカラダ」になれるホルモンなんです。

②脂肪燃焼効果

血管を強くする・血液をサラサラにする」働きがある<EPA(エイコサペンタエン酸)>

血液がサラサラになる事で、血液中の「中性脂肪肝臓へ排出されやすくなる」=「中性脂肪を減らす」働きがあります

またEPAには「脂肪を燃焼する」働きがあり、「皮下脂肪・内臓脂肪を減らす」効果も期待できます。

ほうれん草」と一緒に摂る事で、さばの「酸化」を防ぐ効果があり、より効果を上げる事ができるのでおすすめです。

ビタミンE ターンオーバー防ぐ③ダイエット中の肌荒れを予防

肌のターンオーバーを防ぐ効果のある「ビタミンB2・ビタミンE」の含量は、「さば」は魚の中でトップクラス

・新陳代謝を高める「ビタミンB2

 

・真皮の主要成分で「コラーゲン」の生成を促す「ビタミンE

また角質の細胞をつなぐ働きもあり、肌の角質層を厚くし「外部の刺激や乾燥などの肌トラブル」が起こりにくくなります。

成功させる3つのポイントとは?

さば缶 血管めし①さば缶は「汁ごと」食べる

DHA・EPA」は「脂溶性」の脂肪酸

ダイエット効果のある栄養素は、「煮汁」に溶け出てしまっています。

水煮缶の中に、浮き上がってみえる「。その部分が「DHA・EPA」が豊富に含まれているという証しなんです。

煮汁・骨」全て食べることで、さばの効果を発揮する事ができます。

「さば缶」を鍋に汁ごと入れ、食物繊維の「キノコ」などと一緒に「味噌汁」で食べる。

 

食物繊維+味噌の「イソフラボン」で「EPA」と「GLP-1」の両方を効率よく摂る事ができます。

②秋から冬に収穫される「さば」を食べる

同じ「さば」でも、季節によって 「DHA ・ EPA 」の含有量は違ってきます。

最も栄養価の高いのは「秋~冬」に収穫される「さば」

寒さに耐えるために脂肪を多く蓄えているため、より多くの「 DHA EPA」 が含まれいます。

食物繊維③食物繊維を一緒に摂る

やせホルモン「GLP-1」を分泌するには「食物繊維」を一緒に摂る事で、小腸から分泌されるんです。

「GLP-1」には、「食後の血糖値の上昇を下げる働き・糖分が体に吸収されるのを抑える」効果が期待できます。

食物繊維を摂る事で、GLP-1の分泌だけでなく、体内の老廃物を排出

「腸の蠕動運動を促がす事で「腸内環境を整える」働きもあるので組み合わせて食事をすることをおすすめします。

食物繊維の多い食材> 海藻類・きのこ類・根菜類・豆類・イモ類・アボカド・アスパラガス・玄米

1日の摂取量とは?

さば缶 1日の摂取量 ①缶

厚生労働省の食事摂取基準(2010年版)では「EPADHA」を合わせた一日の推奨量は1000mg(1g)

EPAは「さばの水煮缶」半分で推奨されている量を摂れてしまうんです。

1度にたくさん食べるのでなく、バランスよく食材を組み合わせて食べましょう。

1日 1缶・≪週3~4日≫を目安に食事に摂り入れる

注意点

過剰摂取すると血液が凝固しにくくなる」可能性があるといわれています。

さば缶」は1缶(190g)辺りのカロリー 約361kcal

高カロリーなだけでなく「脂質・糖質」も含まれているため、ダイエットに効果があるからと、食べ過ぎ意味がありません

食べすぎには注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です