「ピザ」が太るのはなぜ??ピザを食べても太らない方法は「選ぶ種類とタイミング」が重要だった!

ピザはどうして太るの?

「ピザを食べたら太った」「翌朝むくんだ」経験ありませんか?

その理由は分かりますか?

ピザは「食べ方と選び方」を気をつければ「ダイエット中」での食べてもOKなんです。

今日は「ピザが太る原因」と太りにくい「食べ方と選び方」を紹介します。

ピザは何で作られてる?

ピザ 強力粉 小麦粉

「ピザ」の主材料は「薄力粉強力粉

     小麦粉の配合≪1:4≫

強力粉はパンの原料として使われ「グルテン」の量が多く粘性と弾力性があり「もっちり」特徴

「薄力粉」は、グルテンの量が1番少なく、軽く「さっくり」した食感をだし

強力粉の弱点を補うために配合される

市販されている「ピザ」には「添加物と砂糖」がプラス!

市販されているピザには、美味しい状態を保つために「砂糖添加物」がさらに含まれています。

よち「糖質」も高くなるので、食べるときはお店や手作りのものがおすすめ

ピザのカロリーや糖質は?

ピザ 糖質 脂質 高い

ピザの栄養成分

ピザ1枚(6インチ/200g)

 

炭水化物  47.5g

たんぱく質 23.0g

脂質    21.98g

食物繊維は 2.74g

食塩    3.22g

糖質量   44.76g

 

一般的なピザの栄養成分を見ると「糖分・塩分」が多めになります

ピザが太る理由は?

ピザ太る 油分 脂質

高カロリー

糖質が高い

脂質が高い

高カロリーなピザを選んでいる

食べすぎ

栄養バランスが悪い

「太りやすい」ピザは?

ホワイトソース・マヨネーズベース

具材がたっぷり(ソーセージ・ベーコン・サラミなど)

小麦粉 ビタミンミネラル

ピザはカロリーのうち「炭水化物」が占める割合は高いわけではなく「油脂」が多いことのほうが問題

 

太る原因は「脂質+糖質+油分」がプラスされているソース具材

ピザ(炭水化物)は太る?食べてOK?

ダイエット中は「糖質は太る」と控える人が多いですが

炭水化物は太る原因なのか?NG食材?

炭水化物自体は太りません

 

太る原因は「食べるタイミングと量

 

そして「血糖値の上昇

 

そもそも「炭水化物」には日常のエネルギーはもちろん「脂肪を燃焼させる」のも炭水化物の力が必要

糖質制限 体重減る 体内水分

炭水化物抜きは、効果が早く「体重が減る」ことができますが

それは、体内の水分が排出される為で体脂肪」は減っていません。

さらに、生活習慣病の原因を作ってしまう原因にも。

炭水化物は満腹感を感じやすい性質があり「糖質」を極端に抜くと

脂質・たんぱく質」の摂りすぎになり注意が必要

太りにくい」おすすめのピザは?

モッツァレラ 脂質低い

ダイエット中におすすめ(マルゲリータ・シーフードピザ)

 

(生地) クリスピータイプ(糖質・カロリーカット)

(ベース)トマトソース(糖質の吸収抑える)

(具)   野菜シーフード(糖質・脂質の代謝を上げる)

POINTO 「チーズ」にこだわる

 

ピザに欠かせないチーズも種類によって「カロリー・脂質」が異なります。

 

チュダーチーズの脂質量(45%)に対し

モッツァレラ」の脂質量(22%)と「たんぱく質」も多くおすすめ

 

フッタチーズ・リコッタチーズなども低脂質

太りにくい時間帯に食べる

ピザの種類ともうひとつ「食べる時間」も重要にんあります。

「ピザ」はランチの時間帯~午後3時」がおすすめ

食べることで、食べたものがエネルギーとして消費しやすく太りにくくなります

夜ご飯や夜食」は「最も脂肪に変わりやすい時間帯」なので避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です