納豆を食べるなら「夜と朝」どっちが効果的?納豆の効果を上げるタイミングと食べ合わせとは??

和食の定番「納豆」体に良い大豆食品としても代表的存在。

和食のみならず、パスタやトーストなど様々なアレンジができますが、

美味しいだけでなく納豆にある物をちょい足しすると、健康効果が期待できる??

今日は馴染みの深い「納豆」の食べ合わせ健康法を紹介します。

納豆

納豆の基本

心筋梗塞・脳梗塞を予防「ナットウキナーゼ」

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という酵素は、血栓を溶かす効果があります。

病院で使用される血栓溶解剤の点滴と同じ位の効果があると言われています。

ナットウキナーゼは6~8時間効果が継続する食べて寝るのが効果的」なんです。

継続して食べることで、血栓を溶かす作用は向上し「心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症の予防」につながります。

血糖値の上昇を抑える効果

納豆に含まれる「食物繊維ビタミンB2」は、血糖値の上昇を抑える効果があります。

納豆と一緒にご飯をたべる事で、白米(糖質)を摂ると起こる「血糖値の上昇を抑える効果」

血糖値は急激に上がることで糖分が脂肪に変わりやすくなるのを抑えることができ、糖尿病の予防にも効果的なんです。

アンチエイジング効果

納豆に含まれる「ポリアミン」は、肌のハリをよくし、動脈硬化を防ぐなど「アンチエイジング」に効果があります

他にも納豆には「タンパク質・アミノ酸・ビタミンB群」が含まれます。

これらは、肌や髪を作る材料となり「美容効果」も期待できます。

骨粗しょう症予防

納豆に含まれる「ビタミンK2」は、骨粗しょう症を予防効果があります

加齢やダイエット、女性ホルモンの低下などで減少してしまう骨密度をサポートしてくれる女性には得に摂りたい栄養素です。

記憶力・学習力アップ

原料である大豆に含まれる「レシチン」は、神経伝達物質を生成する働きがあり、

記憶力を高める効果が期待できます。特に短期記憶に効果を発揮すると言われています

最近物忘れが気になるという方にもおすすめです。

納豆の食べ合わせ

「納豆+ツナ」で快眠効果

納豆に含まれる「トリプトファン」は、睡眠ホルモンメラトニンを作る材料」と言われるホルモンですが

ツナに含まれるビタミンB6と合わさることで、より効果が期待できます。

*トリプトファンは『』摂り朝日を浴びる事で、体内で合成されやすくなります朝食おすすめです。

生わさび

「納豆+生わさび」で血液サラサラ効果

わさびの辛味成分「イソチオシアネート」には、納豆のネバネバ成分と同様に「血液をサラサラ」にする作用があり

わさび納豆」にする事で、心筋梗塞脳卒中の予防効果が期待できます。

トマト リコピン

「納豆+トマト」で美肌効果

トマトには、納豆にはあまり含まれていない「ビタミンC」が豊富で、紫外線の予防効果が期待ができます

またトマトに含まれる赤い色素「リコピン」には、血中の悪玉コレステロールを減らして、血液を綺麗にする作用があり、

納豆に含まれている大豆油リコピンの吸収率を高めるとされているので相乗効果も期待できます。

更に、トマトの果汁には「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれており

肝臓脂肪燃焼に働くたんぱく質が沢山作られ、血糖値が低下する作用があるんです。

*最も吸収率が最も高いと言われている「」摂る事をおすすめ

「納豆+めかぶ」で便秘解消

 「納豆菌」には「生きたまま腸まで届き、ビフィズス菌などに代表される善玉菌の働きを助ける」ので

腸内環境を整えるのに役立ちます。

また納豆には食物繊維も豊富に含まれていて便秘解消効果も期待できます。

腸内環境整えるのに、1日1パックは納豆を食べる事をおすすめします。

<納豆>食物繊維 (100g中)水溶性食物繊維が2.3g、不溶性食物繊維が4.4g

 

よる

納豆を食べる効果的なタイミング

おすすめは「」です。

納豆に含まれる「納豆キナーゼ」は、血液の循環を良くする働きがあります

納豆キナーゼの効果が表れるのは「後5時間〜8時間

血液のめぐりを整えるのにベストな時間は、血栓のなどが起こりやすい就寝中

就寝中に納豆キナーゼの効果出るように、夕飯に納豆を食べるのがおすすめになります。

ダイエット効果

納豆の美容効果

◎太りにくく痩せやすい体

糖質や脂質を効率よくエネルギーに変えて脂肪を溜め込みにくくする

ビタミンB1やB2が豊富に含まれているため「太りにくく痩せやすい体に」

◎脂肪燃焼効果

加齢とともに女性ホルモンする事で、痩せにくくなる理由のひとつ

女性ホルモンには「脂肪燃焼効果・脂肪細胞自体を小さくする働き」があります

エストロゲンに似た働きをする「大豆イソフラボン」を摂取する事で効果が期待できます

◎基礎代謝を上げる

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶かし「血液の流れをスムーズに保つ働きがある」

栄養や酸素が全身に行き渡る様になり、代謝が高まる事でよりダイエット効果も期待できます

◎腸内環境を整える

納豆の豆菌は硬い殻に包まれていて、熱や胃酸に強くにそのまま届いて「善玉菌」の増殖を促すことができるんです。

善玉菌が増えることで「便秘改善」や老廃物を体外への排出を促すことができ、腸内環境を整える事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です