マヨネーズは太らない?注意すべきは「カロリーオフ」?マヨネーズの隠れたダイエット効果と注意するポイントとは?

マヨネーズ=太る

そんなイメージを持つ人が多いと思います。

しかしマヨネーズは決して「太る」ものでわないんです!

もちろん使いすぎては「太る原因」にはなりますが、

マヨネーズは「人が太りやすい原因」の「○○が低い」んです!

今日はマヨネーズのカロリーと栄養素、そして「太りやすい原因」である「○○」の正体を紹介します!

マヨネーズの基本

マヨネーズの原材料は?

 

タマゴ

この3つをベースに「食塩・糖類・アミノ酸・レモン果汁・香辛料」などで味に深みと濃くと出します。

 

70%以上)が脂質の食材

卵が主成分のため、マヨネーズは三大栄養素をはじめ「ビタミンEビタミンK」の成分が多く「糖質が低く」脂質を多く含みます

マヨネーズの栄養成分は?

マヨネーズのカロリー(100g)

カロリー 704kcal

脂質    11,2g

炭水化物    0,1g

食塩量     0,1g

 

 

大さじ1杯(12g)84kcal
小さじ1杯( 4g) 28kcal

「人が太りやすい原因」の「○○」とは?

糖質 太る

「人が太りやすい原因=糖質の数値の高さ

 

カロリーは高めのマヨネーズですが「糖質」は大さじ1杯で0.4gと実は低いんです

これがマヨネーズは「太りにくい」理由

他の調味料の糖質と比較してみると「醤油(1.8g)、酢(1.1g)ケチャップ(3g)」とマヨネーズの糖質の低さがわかります。

カロリーハーフのマヨネーズも「カロリー」は低いですが、その分「添加物」がたくさん使用されているので「糖質」は高くなります

「人が太りやすい原因」として、今まで「カロリー」と言われてきましたが

実はカロリーよりも注意しなければいけないのが「糖質

「糖質」はカラダのエネルギーとして必要な栄養ではありますが

摂取しすぎてしまうと「体内で脂肪を溜め込みやすい状態」になってしまい

太る体質」の原因になるんです。

「太る原因」である「GI値」とは??

低GI 太りにくい

「太る原因=高GI値の食材」

糖質の高い食材ほど「GI値が高い」んです

GI値とは??

 

食べたときの「血糖値の上昇する数値」の事

血糖値が上昇すると「インスリン」が分泌され「脂肪を溜め込もうとします」

 

GI値は低い食材ほど「血糖値が上がりにくく」脂肪になりにくいとされています。

ダイエット中は特にこの「血糖値のコントロール」がポイントになります

「カロリーハーフ」に要注意!

 

カロリーハーフのマヨネーズは、カロリーを抑えるために「植物油」の割合が低い

その為マヨネーズとは表記できず「クリーミードレッシング」と表記されているものが多い

カロリー抑えるため為に「油脂が少なくし、味の調整のため「糖類甘味料増粘剤」などの調味料

添加物を多く使用している」ため、カロリーは低くなっても「糖質は高い」んです。

「マヨネーズ」がダイエットに効果とは??

たんぱく質(卵)を摂取できる

糖質を抑える事ができる

低GIで「血糖値」が上がりにくい

「マヨネーズ」の注意点とは?

摂取しすぎは「カロリー・脂質」オーバー

ご飯・パンなど「糖質」との食べ合わせは「太りやすい

カロリーハーフは「カロリーは低いが糖質は高い

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です